交通事故の専門弁護士さいたま市の3選を見る前に

さいたま市で交通事故にあってしまった場合、あなたならどうしますか?

 

一般的には警察に連絡をし保険会社を通して示談交渉を進めていくと思います。

 

ですが、示談交渉は弁護士にお願いすると慰謝料(賠償額)が大幅に増額するのです。

 

さいたま市には交通事故を専門に扱っている弁護士事務所が多数ありますので、

 

実績や口コミをもとにランキング形式でご紹介します。

 

一般的にはあまり知られていない交通事故の慰謝料(賠償額)の設定方法や、

 

経験者の体験談も掲載していますので参考にして下さい。

さいたま市の交通事故の慰謝料はどうしてが安いのか?

さいたま市で交通事故に遭ったら、相手方に対して慰謝料等の損害賠償金を請求します。この際に相手方の保険会社と示談に向けて交渉をするようになりますが、この時、出される慰謝料の金額が思ったよりとても少なく不満を持つ方がとても多いです。

 

どうしてさいたま市で交通事故時の慰謝料の金額は低減してしまうのでしょうか?下ではその理由をご説明します。

 

不利な条件の提示を保険会社がしても気づかない

交通事故での賠償金は任意保険会社が支払う義務があるのですが、さいたま市の任意保険会社も損をしたくありませんから、当たり前ですが自分の支払いを少なくしようとします。

 

なので、保険会社は被害者との示談交渉をする際にいろいろな理由を持ち出して、賠償金の金額を減額してきます。被害者に法的な知識がないと、不利な条件を押しつけられても気づかないまま示談になってしまいます。

 

以上述べたように、さいたま市の任意保険会社は基本的なスタンスとして保険の支払いを抑えようとするため、慰謝料の支払い金額も最低にされてしまうことも少なくないのですが、被害を受けた側は、不利不利な条件に気づかないので慰謝料が減ります。

 

任意保険基準を使って計算されている

慰謝料が少なくなる理由には、慰謝料の計算方法も関連しています。被害者が自分で任意保険会社と示談のための交渉をする場合には、任意保険基準という計算方法を用いることが必要になります。

 

慰謝料の計算の仕方には、3つの基準があり、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準がそれに当たり、任意保険基準はこの3種類の中で中間の数字を使います。自賠責基準より高い数字が出たけれども、弁護士・裁判基準よりは大幅に安くなるのです。

 

よって、被害者が任意保険会社と示談交渉をする場合、裁判で認められるような高額な慰謝料の支払いを受けることは困難になってきます。以上のように、さいたま市の任意保険会社は任意保険基準で慰謝料を算定するので、慰謝料の金額が安くなってしまいます。

 

後遺障害が残らない

交通事故で高額な慰謝料の請求をするには、後遺障害が残っていると認定されることが極めて重要です。後遺障害とは、交通事故後に入通院治療を続けて症状固定しても、残った症状のことです。

 

後遺障害が認められるとその内容やレベルに応じて後遺障害慰謝料を上乗せすることができます。後遺障害のレベルは14まであり、その等級によっても受けられる受けられる後遺障害慰謝料が全然違います。

 

この際に、被害者が自分で対応していると、後遺障害の等級認定をしていなかったり、請求しても適切な等級認定を受けられていなかったりすることが多数です。

交通事故の専門弁護士さいたま市の3選

交通事故に強いさいたま市の弁護士の慰謝料が上がる理由と示談交渉

さいたま市で交通事故に遭難して、慰謝料請求をする場合、弁護士に協力してもらうと金額が大きく上がることが多いです。このことは、慰謝料の計算方法と交渉のプロによる示談交渉の技が大きく影響しています。

 

弁護士に委託するとなぜ、慰謝料の額が上がるのでしょうか?ここでは、さいたま市での交通事故の交渉を弁護士に任せると慰謝料が増額する理由と弁護士の示談交渉技術が優れている理由を説明します。

 

慰謝料計算に使われる3つの基準

さいたま市での交通事故でできるだけ多くの慰謝料を要求する時には、慰謝料を計算する方法が肝要です。さいたま市での交通事故において慰謝料の決め方には、自賠責基準と任意保険基準と弁護士・裁判基準といった3つが挙げられます。

 

自賠責基準とは何かというと、自賠責保険で損害賠償金を算定する時の基準となります。任意保険基準とは、任意保険会社と示談に向けた交渉をする際に損害賠償金の算定基準です。

 

弁護士・裁判基準とは、弁護士が示談のための交渉をしたり、裁判によって決定するために裁判所が採用したりする算定基準です。めいめいの基準から計算された慰謝料の支払金は低額のものから自賠責基準、そして任意保険基準、最後に弁護士・裁判基準となります。

 

被害者自身で任意保険会社相手に示談交渉をする場合には任意保険基準で慰謝料が計算されてしまうのですが、弁護士に示談交渉や訴訟を任せると、高額な弁護士・裁判基準で慰謝料を算定してもらえるので、受け取る慰謝料がぐっと増額されます。

 

慰謝料はどれほど増額されるのか

・入院したり通院したりした分の慰謝料について
弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算した場合はっきり言って何円ほど慰謝料の金額がアップするのかをお話しましょう。まずは入通院の慰謝料です。

 

入通院慰謝料とは事故が原因で入通院への慰謝料のことで、入通院の日数に応じ、加算される仕組みですたとえば、通院終了まで3ヶ月の場合、任意保険基準から割り出すと入通院慰謝料は37.8万円くらいになりますが、弁護士・裁判基準になると、受け取ることができる金額は、53万円から73万円程度になります。

 

・後遺障害慰謝料について
次に、後遺障害慰謝料を説明しましょう。後遺障害慰謝料とは、事故によって後に障害が残ってしまった場合、その障害の内容や程度に考慮して支払われる慰謝料のことをいいます。

 

たとえば、むちうちと診断され、認定されることの多い後遺障害14級の場合には、任意保険基準の場合の後遺障害慰謝料は、40万ですが、弁護士・裁判基準の場合だと、110万円にもなります。

 

後遺障害6級の場合、任意保険基準を用いると600万円ですが、弁護士・裁判基準の場合では1180万円支払われますし、後遺障害1級の場合には、任意保険基準なら1600万円程度ですが、弁護士・裁判基準の場合なら2800万円支払われます。

 

・死亡の場合の慰謝料について
死亡慰謝料も、弁護士基準を用いると慰謝料は増えます。たとえば、一家で収入がある者が亡くなってしまったら、任意保険基準なら、1500万円から2000万円程度の受け取りになりますが、受け取りは53万円〜73万円程度になります。

 

弁護士の示談の交渉術が優れている理由

交通事故の被害者となって、示談の交渉を弁護士依頼すると慰謝料がアップするのは、弁護士の示談交渉術が優れているためです。弁護士は、多くの交通事故事件を取り扱っており、相手方任意保険会社の出方を予想して、適当な反論を組み立てられます。

 

さらに、法律の知識も豊富なので、それらを駆使して、被害者が有利になるよう交渉をすすめていくことができます。

 

裁判例なども豊富に知っていますし、資料もたくさんあるので、関係する事柄や知るべき問題があればすぐに調べて、裁判になった場合のことまで見越し、交渉をすすめる技術を持っています。

 

以上のことから、弁護士が持つ示談交渉術は非常に優れているので、さいたま市での交通事故は弁護士に任せると交渉をこちらの利益になるように進めて、結果的に受け取れる慰謝料の金額が大きく上がるのです。

交通事故専門の弁護士をさいたま市探す為には?相談方法は?

さいたま市で交通事故のときは、向こう側の保険会社との示談の話し合いの手続きを弁護士に依願すると、受け取ることができる慰謝料の金額が大きくアップするなどの利点がありますが、交渉をお願いする時、どのような弁護士であっても安心できるというわけではないです。

 

有利に示談交渉をすすめるためには、さいたま市での交通事故に強い弁護士に依頼しなければいけません。そこで、交通事故に明るい弁護士探しのポイントと相談方法を知っておいてください。

 

サイトを見る

さいたま市での交通事故の交渉に強い弁護士を探す場合、弁護士事務所のホームページに書かれてあることを読むことが役立ちます。ウェブサイトには、弁護士事務所の特徴が現れているものです。

 

ホームページ上、交通事故に関するの記載が多い事務所は交通事故事件に力を入れていることが多いです。交通事故後の手続きや用語集などの記事内容、弁護士が書くコラムやブログもチェックして、交通事故の記事がわかりやすく多数あるところを探しましょう。

 

弁護士の今までの仕事内容も役に立ちます。交通事故の著作を執筆していたり、交通事故委員会に入っていたりする場合には交通事故の交渉についてよく知っている弁護士である可能性が少なくありません。

 

事務所のホームページに「交通事故専門」との記載があったり、交通事故の無料相談を実施したりしている事務所も交通事故に積極的に取り組んでいる可能性が大いにあります。

 

実際に面談をして確認

さいたま市の交通事故関係に明るい弁護士を探すためには、実際に弁護士と対面して確認することも重要なことです。ホームページ上にあることのみではどうしても限界があります。

 

交通事故に詳しい弁護士は、面談の際にこれからの手続きのついてや事件の展開などを丁寧に解き明かしてくれます。気になることを聞いた時に、平易で明確な説明や提言をしてくれる弁護士に手続きを実際にお願いしましょう。

 

関連の資料を準備する

弁護士との法律相談の時間をテンポよく進めるには、前々からの備えも重要です。最初に、交通事故の関連する資料を用意しましょう。具体的には、以下のようなものはあれば持っていくとベストでしょう。

 

1,交通事故証明書
2,事故状況の図面やメモ
3,交通事故が起こった場所の地図
4,相手方保険会社からの資料
5,こちらから送った書類のコピー
6,診断書
7,後遺障害認定通知書もしくは決定書
8,物損の場合の修理見積書など

 

知りたいことをメモしておく

弁護士に法律相談をするために面談をする場合には、事前に聞きたいことを簡単にでも良いので書いておくことが大切です。そうしないと、相談時に何を知りたかったかすっかり忘れしてしまうことがありますし、その場で何を聞いてみたら良いのか発想できないことなどもあります。

 

そうなると、知りたかったことを知ることができず情けない思いをすることになってしまいます。そうならないよう、事前に質問したいことを明確にして、知りたい事柄をメモで持っていきましょう。

 

弁護士からのアドバイスをもらう際には、その紙に弁護士からの内容を記載して持って帰ると、家に帰ってからでも内容を確認できるので役立ちます。

 

このように、さいたま市の交通事故に関する事件をお任せする時は、交通事故事件に詳しい弁護士を見つけ、用意を前もってして、相談しましょう。

交通事故に強い弁護士に相談して慰謝料がアップし示談成立したさいたま市の体験談

さいたま市で交通事故の被害者となったら、相手の保険会社に対して、示談交渉をする際には、弁護士に協力してもらうと慰謝料が大きくアップすることがよくあります。

 

実際に慰謝料がどのくらい増額するものなのか、実際の体験談を通じてお確かめください。以下では、弁護士にアドバイスをもらって、示談を成立させたことによってもらえた慰謝料が大幅にアップした人の体験をお話します。

 

後遺障害等級認定で慰謝料がぐっとアップしたAさん

Aさんは、さいたま市で交通事故に遭った後、首の様子が悪くなって通院治療をしていました。しかし、3ヶ月目くらいのところで、保険会社の側から「そろそろ治療期間は終わりになるので、示談交渉をしたい」と言われて、慰謝料として支払いは40万円との提案を受けました。

 

この対応に了解できなかったため、Aさんは弁護士へ法律に関して相談に行きました。そこで、弁護士から、症状固定するまできっちり病院に通い治療を続けて、後遺障害等級認定を受けるよう、勧められました。

 

それで、弁護士に示談交渉をお願いして症状固定するまで通院治療を6ヶ月間継続しました。このことで、入通院慰謝料は89万円に上乗せされて、加えて、後遺障害慰謝料も110万円だしてもらえたのです。慰謝料として結果的にはAさんは、全部で199万円も受け取れ慰謝料がぐっと増額されました。

 

弁護士基準を使って、慰謝料がぐっとアップしたBさん

さいたま市での交通事故で手を負傷したBさん。通院をしましたが、症状が固定しても親指の調子が快癒しなかったので、後遺障害が9級という等級認定がされました。そのため、任意保険会社から、後遺障害慰謝料として、300万円支払うと言われました。

 

入通院慰謝料は、入院1ヶ月と通院6ヶ月という期間を基準に割り出して、83.2万円だったので、全部で慰謝料は383.2万円と言われました。

 

Bさんはこれに納得できず、弁護士と談合したら、弁護士は慰謝料を弁護士・裁判基準を使って計算できるので、もらえる額がアップすると提案を受けました。

 

Bさんはそこで、弁護士と示談交渉のために協力してもらうと、慰謝料を弁護士・裁判基準を用いて算定して、149万円の入通院慰謝料と言われ、後遺障害慰謝料は690万円にも上がりました。結果的にBさんは、全部で839万円もの慰謝料をもらいました。

 

過失割合を少なくしてもらって受け取れる慰謝料が増額したCさん

Cさんは、さいたま市での交通事故に遭って示談交渉をして慰謝料は200万円でふたりとも了承しましたが、相手方保険会社から、過失割合がCさんに40%もあると言い張られてしまい、200万円×(1−40%)=120万円の支払いをすると最終的に言われました。

 

これを了承できなかったCさんは、弁護士に相談して、示談交渉に向けて依頼しました。すると、慰謝料を弁護士・裁判基準を使って計算してもらい損害賠償金額は300万円にアップしました。

 

さらに、過失割合を30%に減らしてもらい、結果的に受け取れる慰謝料の金額が300万円×(1−30%)=210万円にアップしました。このように、損害賠償請求手続きを弁護士に任せると慰謝料が大幅にアップすることが多いです。

 

さいたま市で交通事故で被害を受けたら、弁護士のところへ行って示談交渉手続きをお願いしましょう。